木の飾り

雲にかげる太陽と君の横顔

「戦略」のことを特別に考えている人って、いっぱいいるのかな。今までしてきた経験や先入観みたいなのが、「娘」と結びついてしまうことって、往々にしてあるんじゃないかな。

木の飾り

湿気の多い金曜の早朝は目を閉じて

大好きなアーティストはたくさん存在するけれど、20代になってから外国の音楽ばかり選んでいた。
でも、日本の歌手の中から、好きなのがcharaだ。
charaは多くの楽曲を出している。
代表作なのは、HEAVEN、タイムマシーン、罪深く愛してよなど。
私たちの国、日本たくさんの音楽家が存在するが、彼女はこの方は魅力ある個性がキラリと輝いている。
国内には、世界で仕事をする歌手もたくさんいるが、彼女も人気が出るような予感がする。
あたしなんで抱きしめたいんだろう?あたしを無人島に持って行って
こう言った題名が考え出されることに尊敬だ。
半分以上の曲の作詞作曲もしていて私の意見としてはクリエイティブでカリスマっぽい才能があると思う。
JUDY&MARYのユキとコラボし、出した、「愛の火、3つ、オレンジ」も、印象的。
カッコよかったから。
誰しも一回、思う、思われたい感覚の事柄を、うまく短文で表現している。
キャッチフレーズのコンテストなんかに入賞されそうだ。

ぽかぽかした土曜の深夜に冷酒を
近頃、小説をぜんぜん読まなくなった。
30前の頃は、かかさず読んでいたけれど、近頃、仕事が忙しいし、時間をとりにくい。
もし時間があっても、ゆったりとした気持ちで小説を読むという気持ちになかなかなれないので、読んでいてもおもしろく感じにくい。
だけれど、かなりはまる小説に久しぶりに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説がすごく好きなので、お二人が新人賞をとった群像文学新人賞が私の好みのものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
しかし、次の世代の光っている新人小説家がいないかと気にかかるからまた読んでみたい。
だけれど、純文学だからと無理に分かりにくい単語を使っているけれど内容が伝わりにくいものも多いからさびしい。

無我夢中で叫ぶ君とあられ雲

太宰の斜陽は、何回も読み進められると思う。
戦争が終わるまでは華族の御嬢さんだったかず子が、誰にも引かない女性に変貌する。
そこそこ素敵だと思ってしまった私。
これだけの、誰にも負けない行動力と、強引なくらいの自我が戦後は必要だったのだろう。
しかし、上原の奥さんからするとうざいだろうと思う。

夢中でダンスするあいつと夕焼け
夜、寝れないとなれば、新作映画を起き上がって見てしまう。
先日見た映画は、「エスター」という米国の映画だった。
メインの、エスターと言う子はしっかりしているけれどずいぶん個性的な9歳の少女。
ラストに予想もつかない結末が待っている。
それを見る中盤で、隠された事実が理解できる人がいるだろうか不思議なくらい想像もできない真実。
というのは、ドキッとするわけでもなく、ただある種のホラー映画のような終わり方だった。
作品は、毎回の私の真夜中の時間を濃い物にしてくれる。
毎回、だいたいお酒常に一緒なので、体重が増えてしまうのが恐ろしい。

ゆったりと大声を出すあいつと紅葉の山

8月に、京都や奈良に働きに向かった。
土地柄とても暑い!
薄い上着の上から、ジャケット。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、スーツのジャケットは凄い事に。
泊まり先にについて、ジャケットを石鹸で洗濯した。
次の日着るとその上着はグレープフルーツのいい匂いがした。
ジャケットがボロくなあるのではないかと気になったけれど、それでも洗った方が賢明だと思っていた。

よく晴れた木曜の夜は外へ
江國香織の本に出る主人公は、どこか狂気に満ちている。
例えれば、落下する夕方の華子。
あと、スイートリトルライズの瑠璃子。
あとは、ウエハースの椅子の女性画家など。
江國さんの隠された部分を、極端に表現した形なのだろうか。
徹底してクレイジーなのが、神様のボートの葉子だ。
もしかしたら迎えに来る可能性もあるあのひとのために、色々なところに引っ越す。
恋人を絶対に忘れないよう、必ず会えると信じて。
ついには「ママは現実を生きていない」と、娘に告げられるが、彼女には全然よく理解されない。
この部分が、この話の究極にクレイジーなところだ。
実際にウエハースの椅子には簡単に座りたくないけれど、神様のボートには乗れる。
江國香織さんの書く、クレイジーだけど可憐で少々病んだ主人公が大大大好きだ。

喜んでダンスする母さんと擦り切れたミサンガ

盆が間近になって、とうろう流しなどのイベントが付近で実施されている。
近郊の観光施設では、竹や和紙で作られたとうろうが据えられていた。
ほど近くのイベント会場では、夜分には電気の照明はついてなくて、灯篭の中のろうそくの照明だけというのは、たいそう良かった。
竹や和紙に囲まれてキャンドルがついていて、やさしい灯りになっていた。
繊細な灯火が周りの樹々を明るくしていてすごく幻想的だった。

ひんやりした大安の夜明けはお酒を
あんまり、ドラマは見ないが、このごろ、それでも、生きていくを見逃さずに視聴している。
殺人犯の両親と妹と被害者の両親と兄達が会うことになってといったストーリーで、ふつうに考えてあるはずがない話だと思う。
殺された側の両親と兄達と殺人犯の両親と妹のどちらも不幸なめにあっている話がえがかれている。
流れの内容は非常に暗いけれど、その分、色づかいはきれいな雰囲気にされている。
花や緑や自然の映像がたいそう多く使われていて、牧歌的と表現していいのかきれいな映像がすごく多く使われている。
来週から、話がどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

目を閉じて走る弟と冷たい肉まん

雑誌を見ていたり、人ごみに行くと綺麗だな〜と思える人は多い。
顔立ちは、一般的な美人とは言えなくても、人目を引いたりオーラがあったり。
人が発する雰囲気は、その人の心の中かもしれない。
とても大きいと思う。
最近惹かれるのはアーティストの西野カナさんだ。
うたばんを見て初めてインタビュー受けている姿を見た。
女性らしい!と考えずにいられない。
ふっくらしたほっぺに、体型もバランスが良く、パステルカラーがピッタリ似合う印象。
会話がおっとりしていて、名古屋弁なのもポイントが高い。
アルバムは結構聞くけれど、話している姿を見て余計に大好きになった。

雲の無い仏滅の夜明けはカクテルを
飲み会などの酒のお供に、ローカロリーで体に良い食材を!と考えている。
しばらくのお気に入りだったのは、キュウリ。
それ以前はシシャモ。
それにも飽きて、直近ではウナギだけれど、お金がかさむのであきらめた。
先日新しいレシピを考え出した。
だいたい90円くらいのエリンギ。
細かく刻んで、ごま油で炒めて、味の素と塩を少々ふりかけて味を調えたもの。
大分お金は低いし、カロリーも低い気がしませんか。

木の飾り

サイト内メニュー

木の飾り
Copyright (c) 2015 雲にかげる太陽と君の横顔 All rights reserved.
木の飾り