木の飾り

雲にかげる太陽と君の横顔

「青年」のことを好きな人もいるだろうし、嫌いという人もいると思う。どうでもいいと思っている人も。君が考える「危険」って、どうだろう?

木の飾り

風の無い水曜の深夜はお菓子作り

日頃、EくんがくれるMAILのなかみは、何を伝えたいのかほとんど理解できない。
飲んでても酔ってなくてもよく理解不能だ。
そう思っていたけれど、彼が仕事の一環で書いたという、会社の商品と募金に関しての紹介文を読んだ。
意味の通じる文章をかけるんだ!と感動した。

具合悪そうに熱弁する父さんと草原
ここ最近は、浜辺に釣りに道具を持っていってない。
会社でたいそう多忙で行けないのもあるけれど、ものすごく蒸し暑いから、出かけづらいのもあることはある。
それに、会社終わりに近くの堤防を観察していても魚をあげている気配が全くないから、必ず行きたいとは思わない。
とてもかなり見えるくらいだったらすぐにでも行きたくなる。

騒がしく叫ぶ姉妹と俺

タバコは自分の体に良くない。
と言う事実はあるものの、分かっていても購入してしまうものらしい。
昔、お客さんとして知り合ったIT企業の取締役のおじさん。
「この体が丈夫なのはタバコとビールのおかげです!」なんてはっきり言い切っていた。
胸を張って聞かされるとストレスのたまる脱ニコチンはしなくてもいいのかもしれないと思う。

蒸し暑い日曜の早朝にゆっくりと
恐ろしいと感じるものはいっぱいあるけれど、大海原が非常に怖い。
しかも、タヒチやオーストラリアなどの水色の海ではない。
それ以上の恐怖は、しまなみ海峡などの濃い海だ。
つい、右も左も水平線・・・なんて状態を想像してしまう。
それが味わってみたかったら、open water というシネマがオススメ。
スキューバーで海に置いてけぼりの夫婦の、会話のみで繰り広げられる。
とりあえず、私には怖い内容だ。
本当に起こり得る事なので、臨場感は大変味わえる。

じめじめした水曜の晩は椅子に座る

今使用している部屋は、クーラーも暖房器具もない。
そのために、扇風機とよく冷えたペットボトルを飲みながら作業をする。
昨日、扇風機をどかそうと思い、回転しているまま持ってしまった。
そしたら、扇風機の動きが停止したので「どうしたんだろう」と不思議に思い,よく見た。
どういうわけか自分で理解しなかったのが、回転の邪魔をしているのは、正しく自分の中指だった。
恐る恐る抜くと、また活発に回転を始め、指からは血が出てきた。
痛さも感じなかったが、気を付けたいと思った。

笑顔で体操する姉妹と壊れた自動販売機
数年前の夜遅く、私は当時付き合っていた彼氏と、横浜のアパートから下道を利用し、由比ヶ浜に向かった。
それは、お気に入りの一眼レフのカメラで写真を撮るためだったが、上手に撮ることができない。
海は久々だったこともあり、写真に飽きるとサンダルを脱いで海の中に入りはじめた。
それにも飽きてしまい、ビーチで山を作ることをして遊びはじめた。
そこまでは、絶対にそばにあった黒い一眼。
思いっきり滞在して、帰り道の中、スタンドでデジタル一眼がケースごとない事に気付いた。
仕方なく家まで帰ったけれど、長い間、とても切なくなったのを覚えている。
数多くの思い出が入っていた大好きな一眼レフ、今はどこにいるんだろう?

気分良く走るあの人と擦り切れたミサンガ

社内で仲良くなったお姉さんがいる。
変わった方で、トークの内容がいつも興味深かった。
それに加えて、彼女は資格大好きだということ。
ベビーシッターの免許、スキューバーの資格、小型船舶の免許。
トイック800点、書道師範免許、元スッチー。
公認会計士も持っていると噂。
さすがにこのことを親友に話したら、あなたの勘違いじゃないかと思う、と言われたけれど。
彼女は、30歳年上の部長と職場結婚で退職していった。

風の無い大安の明け方に冷酒を
昔よりNHK教育テレビを視聴することがめちゃめちゃ増えた。
昔は、両親や祖父が視聴していたら、民放のものが視聴したいのに考えていたが、このごろは、NHKを見てしまう。
おもしろい番組が非常に少ないと思っていたけれど、このごろは、楽しいものものも増えたと思う。
そして私が、かたい内容のものも好んで見るようになった。
また、暴力的でないもの番組や息子に悪影響がたいそう少ない番組がNHKは多いので、子供がいる現在は見やすい。
NHK以外では、アンパンマンでさえものすごく攻撃的だと思える。
毎週殴って解決だから、子供も私を殴るようになってしまった。

熱中して跳ねる君と季節はずれの雪

江國香織さんの物語に出てくるヒロインは、陰と陽を潜めていると思う。
旦那意外との恋愛を責めない。
恋の一種ではあるが、心底好きなのは旦那様だけのただ一人。
そんな女の人たちがよく登場するような気がしませんか。
旦那意外との恋愛を陰だと置くと、旦那さまは陽。
ふと、別人が入ったように陰が登場する。
不倫に対する善悪の区別はシカトして、そのストーリーのヒロインを見つめる。
自分の中に新しい愛や見解が登場することもたまにある。

怒って跳ねる父さんと電子レンジ
少し時間に余裕が出来たので、ゲオに出かけた。
新しくウォークマンに挿入するミュージックを見つけるため。
この春、頻繁に楽しんだ曲が西野カナ。
だいたい習慣になっているのが洋楽。
ヨーロッパの音楽も魅力的だと思っている。
ということで、今回レンタルしたのはフレンチポップだ。
甘い声と仏語がなかなかGOODだと思う。

木の飾り

サイト内メニュー

木の飾り
Copyright (c) 2015 雲にかげる太陽と君の横顔 All rights reserved.
木の飾り