木の飾り

雲にかげる太陽と君の横顔

「劇団員」のことの本や論文を書くなら、どういったことを調べる?「陽炎」の成り立ちとかだろうか。もしくは、一個人の考え方からくる意見だろうか。

木の飾り

風の強い仏滅の夕暮れにお酒を

実際に行きたくて思い焦がれていた地、と言うのは静岡県の真鶴だ。
初めて知ったのは真鶴という題名の川上弘美の本。
いろんな解釈があり、自分の幼い感覚では、まだ理解はできない。
代わりに、ストーリー中の真鶴岬の雰囲気が好きで、行ったことのない真鶴に行きたいと思っていた。
静岡県の、神奈川県小田原市の真ん中にある真鶴。
突端が真鶴岬。
岬の先、海面から頭を出しているのは、三ツ岩という大きな岩が3つ。
一番大きな岩の上には鳥居があって、潮が引くと歩いて向かえる。
縁があり、話の中の景色を見に行くことができた。
私のキャノンの一眼の中には、ここの風景写真がいっぱい。
ホテルのお兄さんに真鶴が好きだと言うと、喜んでくれた。

じめじめした木曜の午前にゆっくりと
夏休みも半分ほどたった頃の日暮れ前。
「缶蹴り」で鬼役をしている少年は、ものすごくお腹が減っていた。
捕まえても捕まえても、カンを蹴られてみんなが脱走するので、もはや本日のカンけりは終わらないんじゃないかと肩を落とした。
クタクタにつかれて家まで戻ると、扉を開ける前に、今日の夕飯が判明した。
とても美味しそうなカレーの匂いに、少年は胸が高鳴った。

雹が降った金曜の明け方は昔を懐かしむ

先日梅雨が明け、今日蝉の鳴き声を聞いて、少年は「今年も夏になったなぁ。」と思った。
夏休みを目前に控えた休日の午前中、少年は縁側で入道雲を見ながらアイスを舐めていた。
軒下では風鈴がときおり鳴っていた。
朝から日が強く、日差しが座った少年の足を焦がしていた。
少年は元気に半ズボンだった。
汗が顔を伝って流れ、アイスも溶けて垂れてきた。
少年は、近くの屋外プールのプール開きに期待していた。

よく晴れた平日の明け方にシャワーを
人によって、物の趣味や好みが存在すると思うが、それらをリサーチするのが好き。
友人に問いかけてみたところ、お金、スベスベの下着、母の事が好きとの事。
プラス、男性の血管の浮き出た手首。
それと、スペイン語の巻き舌。
私には不明。
りんごあめ、肌に直接厚手のニット、香水、声の低い女性が好きだと、伝えた。
同じく分からないと言われた。
まさにこれは、フェチという分野だという。

ゆったりとダンスする君と履きつぶした靴

きのうは、久しぶりに雨が降った。
アジ釣りの約束を娘としていたが、雷が鳴ってきたので、さすがに危なくて行けそうにない。
気がついたら、雨が降っていなかったので、できれば行こうということになったのだが、釣りに行くための準備をして、行ってみたけれど雨が降ってきた。
雨が止んで先に来ていた釣り人が、あせって釣り道具を片づけていた。
餌も買って準備していたがもったいなかった。
天気のよい休みにと言って釣り道具を片づけた。
来週は雨じゃないそうだ。
その時は、今度こそ行きたい。

ゆったりと大声を出す兄さんと霧
甘い物がたいそう好きで、バウンドケーキやようかんなどを自分でつくるけれど、娘が1歳になって作るお菓子が限られてきた。
私たち親がすごく喜んで口にしていたら、子供がいっしょに口にしたがることは当然だから娘も食べてもいいおやつを私がつくる。
自分は、激甘なケーキがとても好きだったけれど、娘には激甘なものなどはまだ食べさせたくないのでつくりたくてもつくれない。
ニンジンやかぼちゃをいれたバウンドケーキが健康にも良いと考えているので、砂糖とバターを控えめに入れる。
笑顔でうまいと言ってくれたら、すごくつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
最近、ホームベーカリーも使って焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

気分良く体操するあの子と草原

何でも一つの趣味を、ひたすら続けている人に尊敬する。
スキューバだったり、ピアノだったり、どれだけ小さな内容でも。
季節ごとに一度、幼馴染のメンバーと、あの温泉旅館に滞在する!でも良いと思う。
どんなことでも一個の事を続けるといつかは実用まで達することができる。
あれは、保育園のころにピアノと日本舞踊なんかを教わっていたが、続けていればよかったな。
このように考えるのは、部屋のはしっこににお父さんに買ってもらったピアノが置かれているから。
今の自分は全然分からないピアノだが、いずれもう一回学びたいと目標を立てている。

陽の見えない水曜の日没は足を伸ばして
一時期、コンディションが良くない上に、栄養バランスの悪い食事と、睡眠の内容が悪かったので、口内炎が多くなった。
このままではマズいと考え、食生活を整え、体にいい事をやろうとリサーチした。
すると勧められたのが、アセロラドリンクだ。
いまだに毎晩飲んでいる。
あのレモンよりも肌に必要なビタミンCが豊富に含まれているという。
体調と美容はやっぱり食事から出来上がるのかもしれない。

夢中でお喋りする友達と失くしたストラップ

オフィスで勤めていた時の先輩は、社長の娘で、誰が見てもお嬢様だった。
痩せてておしゃべりでとにかく元気な、動物を愛する先輩。
愛護サークルなど立ち上げて、そこそこキャンペーンを行っている様子。
革を使用しない、お肉食べない、動物実験反対。
一度マンションに遊びに行ったことがある。
一等地にある背の高いマンションで、国会議事堂が見下ろせる場所。
先輩は、可愛くてきれいな白い猫と同棲していた。

控え目に話すあの子とわたし
最近のネイルは、スカルプなど、非常に難しい技が駆使されているようだ。
気持ち程サービスのあるインビテーションを貰ったので、来店した。
かなり、色やデザインに対して、優柔不断なので、デザインを伝えるのに時間を使った。
親指だけ簡単なネイルアートをしていただいて、凄く機嫌がよくなれた。

木の飾り

サイト内メニュー

木の飾り
Copyright (c) 2015 雲にかげる太陽と君の横顔 All rights reserved.
木の飾り